遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第5シリーズ 第9話 「冬木町の女」

あらすじ:

雨に降られた斬九郎(渡辺謙)がたまたま入った居酒屋に、おつや(美保純)という女がいました。いい女ですが泥酔していました。

次の夜、ごろつきにからまれたおつやを助けたことから、斬九郎はおつやを長屋まで送りました。飲み過ぎて気分が悪くなったおつやを介抱しながら斬九郎は長屋に泊まりました。

翌朝、おつやは、酔っているのを良いことに自分を抱いたと勘違いし、斬九郎に金を払えと迫ります。その後おつやは隣の婆さんから斬九郎が一晩中献身的におつやを介抱していたことを聞かされ、後悔しました。おつやは船宿・舟久まで行き、斬九郎に謝りましたが、その誠実な優しさに触れ、ぞっこん惚れてしまいました。

道を歩いている斬九郎が男に襲われます。なんなくかわす斬九郎でしたが、相手は新八(米山善吉)といい、おつやがいた居酒屋で見た顔でした。おつやを金で抱いた男の一人ですが、おつやに惚れていて、斬九郎がおつやの愛人だと思い、襲ったのでした。

前回と今回、2週続けての悲しい物語ですが、二つともかすかな救いがあります。御家人斬九郎全シリーズの最終回となる次回はどうなるんでしょうか。少なくとも蔦吉にとって暖かく、夢のある終わり方であって欲しいですが...。

今週の蔦吉:

また斬九郎が可哀想な女を放っておけず、おかげで蔦吉(若村麻由美)はまた妬いたり悩んだりすることになります。

蔦吉こわばった会釈する

おつやが斬九郎に会いに舟久に来ました。同じ頃蔦吉も舟久に来ていました。おえんからおつやの事を聞いて、蔦吉は“ご機嫌斜め”になってしまいます。おつやを連れて裏口から表玄関に向かう斬九郎が、蔦吉たちの横を通ります。

心なしかこわばっているような、いないような笑顔で会釈する蔦吉

斬九郎に付いてきたおつやに会釈する蔦吉。心なしか笑顔がこわばっているような、いないような。漫画なら蔦吉とおつやの目から火花がバチバチと飛んでるような場面でしょうか(ソコまでじゃないか)。

この直ぐあと蔦吉は帰ります。斬九郎に話す用があったんじゃないのかと、おえんに聞かれますが、「忘れちまった」そうです。

蔦吉たじろぐ?

蔦吉が舟久に来ると、おつやが2階に居ました。斬九郎の帰りを待っているそうです。

2階にいるおつやの目が一途で怖いと聞いて、2階に目をやる蔦吉(若村麻由美)

蔦吉は、「ここに帰るとは限らない」と言って帰せば良いと言いましたが、おえんはおつやの目が一途で恐くて言えないそうです。

おつやの思い詰めたような目を見て「えっ」と小さく言った蔦吉(若村麻由美)

そこで、蔦吉が2階に行って、斬九郎が来るとは限らないと言いましたが、おつやの思い詰めたような目を見て「えっ」と小さく言ってこの表情をしました。

斬九郎が他の女に惚れると困る人は居るのかと聞くおつやに、蔦吉は居ないんじゃないかと答え、更にどうして(それを聞くのか)と言いました。おつやは「そういう人いると気の毒だから」と言って帰って行きました。

蔦吉またたじろぐ?

斬九郎に拒絶されたおつやが、ある夜、橋の上で蔦吉を呼び止めました。

おつやの目を見てたじろいだかと思われる蔦吉の表情(若村麻由美)

蔦吉に殴りかかったおつやの手をつかみ、こんな事するには訳があるんだろう、聞くよと言いました。しかし、蔦吉は、“またあの目だ”とでも思ったか、このような表情をして、手を緩めます。おつやは何も言わず去って行きました。蔦吉は見送るだけしか...。

蔦吉諫める

伝三郎と佐次がおつやを捜査に利用しようとします。

囮になるようおつやに説得してと斬九郎に頼む伝三郎に、無理だという蔦吉(若村麻由美)

斬九郎に、島井の矢五郎をお縄にするために、おつやに囮になるよう説得して欲しい、と頼む伝三郎に、「分かっちゃいませんねえ伝三郎様」。「その人は斬九郎の旦那に思いを寄せている人ですよ。そんな思いにつけ込むようなこと出来るわけないじゃありませんか。」 悩む斬九郎が苦しそうです。

蔦吉許す?

舟久で臥せるおつやの手を握る斬九郎。蔦吉は離れて斬九郎の陰にいましたが、おつやが呼びました。

舟久で臥せるおつやを看取る斬九郎と蔦吉(若村麻由美)

おつや:「ごめんね。」 蔦吉:「何がさ。」 おつや:「焼き餅焼かせた。」 蔦吉:「うん妬いた」(この写真)。「ほんの少し夢見たかったの。」 「見た?」 おつやは頬笑んで頷き、蔦吉もそっと頷きました。

蔦吉許さず?

また二人のかみ合わない会話です。

好きな人に好きと言えないと言う蔦吉

「良いなぁ、羨ましい、おつやさんが。好きな人に好きって言えて。」 「好きなら好きって言やあ良いじゃねぇか。」 「出来るもんならね。」 「出来ねぇのか。」 「ええ。」

好きと言われない男はかわいそうだという斬九郎に「ほんとに」と言ってその場を去る蔦吉

「そいつは可哀想な男だぜ」と言う斬九郎に、蔦吉は「ほんとに」と言って去って行きました。

《蔦吉ファン》は、一瞬こいつらはもう駄目かなと思ってしまいました。最終回はどうなるんでしょうかねぇ。

第5シリーズ