遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第1シリーズ 第4話 「青い肌の謎」

あらすじ:

小夜太夫(岡本舞)という女から、自殺するので、斬九郎に立ち会い証人になって欲しいという不思議な依頼が飛び込んできます。指定された上野の料亭に行くと、小夜太夫が現れ、暮れ六つの鐘が鳴り終わったら「扇の間」で自分の最後を見届けて欲しいと言って去りました。暮れ六つに指定された部屋に行くと唐物問屋の長崎屋新兵衛(有川博)がいて、同じ名前の別の部屋で、もう死んでいるだろうと言います。実際、その女が毒をあおり青い肌になって横たわっていました。長崎屋が検分料として100両を斬九郎に渡しました。小夜太夫の手紙を見たときから不審に思っていた斬九郎は、事情を調べ始めます。

余談ですが、斬九郎の(太刀と鞘を使った)二刀流(?)の立ち回りもあります。

今週の蔦吉:

今週は踊りの場面はありません。蔦吉は斬九郎の行動に怒り、逆上したり、斬九郎から「邪魔だけはするな」と言われ「やかましい、二本差しの娘ですよ」と答えて立ち回りもするし、死体のふりもするし、蔦吉ファンは、結構楽しませてもらえます。しかし、この、少し風変わりな話の中で、二月もの間斬九郎が行方知れずになり、蔦吉は大変心配します。

蔦吉の見所は多くて、全部見て頂きたいのですが、最も印象的な「心配」の場面を主にします(18/06/11プッツン写真2枚追加)。「心配」の場面は特に見逃せません。

ダブル・プッツン

斬九郎が小夜太夫の首を刎ねたという瓦版が出ました。

その芸の素晴らしさに、太夫を尊敬していた蔦吉がその瓦版を見てプッツンし、舟久に怒鳴り込んできます。斬九郎は長崎屋から受け取った100両の半分を母に渡し、残りを舟久の女将 おえんに渡して2階で芸者遊びの最中とのことでした。

あとで

斬九郎のお座敷に乗り込みましたが斬九郎がいません。「斬九郎っ、どこに行きやがった、もう、出てこい!!」 ...怖いぞぉ。

あとで

鼻息も荒く外に出てみると、舟久の前にとめてあった小舟の上で斬九郎と西尾伝三郎がなにやら話していました。小夜太夫に関係して何か深いわけがあると理解した蔦吉は、自分にも手伝わせて欲しいと言いましたが、無下に断られ、又プッツン。「あっそうですか、じゃぁ結構、もう頼みませんよ」だそうです。このままで済むはずはないですよね。

ちなみに、これまでの会話の中で、蔦吉が斬九郎の頭を叩こうとして避けられ、岸から落っこちそうになりました。若干情けないような気がするような、しないような..。

その後、色々ありました...。

迎え火

斬九郎が下っ引きの新六(橋本じゅん)に西方浄土に行くと告げて行方不明になってから2ヶ月後、盂蘭盆会を迎えました。新六は「旦那があの言葉通りだったら丁度新盆ですからね」などと言って佐次(塩見三省)に怒られました。蔦吉も斬九郎は死んだものと思っていたようです。

斬九郎が行方不明になってから2ヶ月、お盆の迎え火を焚く蔦吉

迎え火を焚く蔦吉。斬九郎の霊が帰ってくるかも。この後クローズアップされた顔はうつろな表情でした。やっぱり蔦吉らしい元気がないような印象を受けます。

男の声の浄瑠璃に気づき、その方向を見る蔦吉(若村麻由美)

男の声の浄瑠璃が聞こえてきます「夕顔棚の此方より、現れ出でたる武智光秀、でででんでん」。その声の方を見る蔦吉です。

この浄瑠璃は歌舞伎「絵本太功記~尼ケ崎閑居」に出てくるものです。

斬九郎の声だと気づいた蔦吉(若村麻由美)

斬九郎だと気づいたようです。美人ですねえ。

すぐに立ち上がり、「生きてらしたんですか」という蔦吉(若村麻由美)

すぐに立ち上がって、「生きてらしたんですか」。 涙が。 

思わず駆け寄って、泣きながら斬九郎の胸に飛び込む蔦吉(若村麻由美)

思わず駆け寄って、泣きながら斬九郎の胸に飛び込む蔦吉です。可愛いなぁ。

「人に心配させて」と斬九郎を責める蔦吉(若村麻由美)と顔をこわばらせる斬九郎

と思ったら...、「人に心配させて...」。 蔦吉に怒られると 思ったか、斬九郎の顔がこわばります。ちゃんと言っておけば良かったのに...。怒らせると怖いのを知っているのに...。

さて、この後二人はどうなるでしょうか。三択のクイズです。まず下の3つの内どれかを選び(丸をクリックしてください)、次に「回答する」ボタンをクリックして下さい。

ここに正解が表示されます。

二月もどこに行っていたのか斬九郎を問い詰める蔦吉

「二月もどこに行ってらしたんですよぉ。」「血の池地獄でひとっ風呂浴びてきたんだ」なんて冗談で答えるもんだから...。

怒って斬九郎の足を踏む蔦吉(若村麻由美)

「縁起でもない」と言って下駄で斬九郎の足を踏みやがんの。斬九郎は「ぐぁ~」か「あ゛~」と言って崩れ落ちました。蔦吉を甘く見ると怖いぜ。

でも、二ヶ月分の心配と不安の代償として下駄の足踏みは高いか安いか。《蔦吉ファン》としては安い、つまり、踏んで当然と判断いたします。 ※個人の意見です。(文字の小ささも含め、テレビコマーシャルの責任逃れを参考にさせて頂きました (^_^;)

それはそうと、物語はまだ続きます。

第1シリーズ