遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第3シリーズ 第2話 「虎退治」

あらすじ:

川普請のアルバイト(かたてわざ)に出て腰の筋を痛め、「もそっと侍らしい片手業はないか」と聞く斬九郎(渡辺謙)に、佐次(塩見三省)が、野田屋のご隠居、清兵衛(奥村公延)が謝礼10両で虎を探しているらしいと言いました。斬九郎が清兵衛を訪ねると、探しているのは虎は虎でも、結城鉄斎という絵師が画いた虎の絵の掛け軸でした。結局1日につき1分の探し賃と見つけた場合の謝礼10両で雇われることになりました。

そんな時、斬九郎の前に尼子兵衛之助(寺尾聰)という浪人が現れ、「幼い子が四人もいて、しかも下の娘は重病、自分にこの仕事を譲ってほしい」と懇願し、そばから離れません。その後、鉄斎の絵が見つかりましたが、古物商が五十文で売るという出来の悪い模写でした。

芸者の蔦吉(若村麻由美)が、ひいき筋の旗本が持つ本物の掛軸を持ってきましたが、清兵衛は模写の方が欲しいと言います。偽物を欲しがる理由を言わなければ渡せないと斬九郎が言うと、座敷の奥から薩摩藩の侍たちが斬りかかってきました。一方、幕府のお庭番も掛け軸を20両で買い取ると、斬九郎に接近してきました・・・。

今週の蔦吉:

斬九郎のために本物の掛け軸を見つけたり、偽物に高い金を払うのに強い抵抗を示しつつ3両を貸したり、斬九郎が舟久に連れて来た兵衛之助の子供たちを見て隠し子だと疑ったり、兵衛之助夫婦の運命に心を痛めたり、捕り方に囲まれた斬九郎を逃がすため戦ったりと、結構忙しいんですが、最後は子供達の手紙に「おばちゃん」と書かれ、ショックを隠せません。

聞いたことがあるような...。

神棚の前で振り返り、佐次を見る蔦吉

佐次から鉄斎が画いた虎の絵について聞かれ、「鉄斎の虎ねぇ。どっかで聞いたことがあるような気がするんだけどねぇ。」 結局、記憶を伝って探してみることに...。

ありました~

佐次が古物商で見つけた虎の絵は、猫のように見える珍しいほど出来の悪い模写でしたが、蔦吉は本物を見つけて来ました。

ひいき筋の旗本が持つ本物の掛軸を持ってきた蔦吉

ひいき筋の旗本が持つ本物の掛軸を持ってきた蔦吉。どうしてこんなに美しいんだっ!!

斬九郎が探している本物の掛け軸を広げてみせる蔦吉

「虎、とーら、とーら、虎、ご覧なさいな、誰かさんの探している虎ですよ。」

喜んだ斬九郎は「おめぇ、俺に惚れてんじゃねぇのか」。 蔦吉はいつもの「ばか」で返しました。

偽物に大金を出すような曲がったことは嫌い

下手くそな虎の掛け軸の模写を買う金3両を借りたい斬九郎に強く抵抗する蔦吉

野田屋清兵衛が欲しかったのが本物ではなく、偽物だと知り再び古物商へ。50文の筈が、3両に値上げされ、蔦吉に金を借りようとする斬九郎。蔦吉は「いやですよ、こんな下手くそな絵に、猫に小判じゃないか」とか、「まがい物だとわかっていて見す見すつかまされるのがいやだ」と抵抗しますが、結局負けて、貸すことになりました。

波江さんは泣くばかり。

斬九郎は、お庭番、名無しの権兵衛(遠藤憲一)の策略で殺人犯の汚名を着せられ、伝三郎の屋敷に逃げ込みます。一方、兵衛之助はお庭番から尼子家再興と斬九郎への裏切りの取引を持ちかけられ、妻の猛反対に遭いますが、斬九郎の隙を見てある物を奪って行きました。

斬九郎と伝三郎に兵衛之助はまだ帰らないのかと聞かれる蔦吉

西尾伝三郎(益岡徹)の屋敷で、斬九郎と伝三郎が兵衛之助はまだ帰らないのかと蔦吉に聞きます。

こういうアングルの蔦吉は珍しいです。少しうなだれていますが、叱られているわけではありません、念のため。

斬九郎に、波江は兵衛之助の行き先を知らないのかと聞かれ、泣いてばかりで何も答えないと言う蔦吉

更に、波江は兵衛之助の行き先を知らないのかと聞く斬九郎に、波江は泣いてばかりで何を聞いても答えないと言う蔦吉です。

斬九郎が、慌てて舟久にいる波江の所に走り、問い詰めると、「兵衛は死にに参りました」と言って泣くばかりでした。

行きな!

佐次の十手を奪い、捕り方に囲まれた斬九郎を逃がす蔦吉

斬九郎が兵衛を助けに行こうと舟久から出ると、殺人犯として捕り方に囲まれますが、蔦吉が佐次の十手を奪い加勢に入ります。蔦吉の「行きな」で、斬九郎は兵衛之助を救いに走り、蔦吉は十手を捨てます。

はい、おばさん

子供達が書いた手紙の「蔦吉のおばさんありがとう」を見て一瞬固る蔦吉

事件が片付き、舟久に帰ると、兵衛之助一家は二人に書き置きを残して去っていました。嬉しそうに読み始めた蔦吉ですが、子供達が書いた「蔦吉のおばさんありがとう」を見て一瞬固まります。

子供から見たらとうにおばさんだというおえんの直言に、「はい、おばさん」とやり返す蔦吉

蔦吉:「『蔦吉のおばさん』はひどいわね。」 おえん:「子供から見たらとうにおばさんですよ。」 蔦吉:「はい、おばさん。」 おえん:「え?」

第3シリーズ