遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第2シリーズ 第7話 「白魚の吉次」

あらすじ:

斬九郎は白魚の吉次と呼ばれる腕利きのすり(田中邦衛)と知り合います。吉次は浪人の懐中から小判をすりましたが、その小判は甲州武田家の隠し金で作った一枚でした。当然、悪のにおいがしますし、隠し金と言えば大金ですから、斬九郎が目の色を変えそうです。

今回は斬九郎と吉次が、御家人とスリという全く別の世界の人間でありながら隠し金を間に友情を結びます。

《蔦吉ファン》としては、大金に目がくらんだ斬九郎より、すりという犯罪者でありながら自分の立場をわきまえ、若い娘を助けようと努めている吉次の方が人として好ましく感じてしまいました。

今週の蔦吉:

初めは髪結いで髪も気持もすっきり、最後は別の理由で心がすっきり。

斬九郎と吉次の周りで関係があるような無いような...。男の友情に弾かれるわけでもなく、引かれるわけでもなく...。

髪結いに行き、すっきり。

女髪結いで髷を結い直して貰う蔦吉

女髪結いで髷を結い直して貰う蔦吉。

すっきりした表情で女髪結いを出る蔦吉

あ~すっきりした、てな感じか。

 
結って貰ったばかりの髪に触る蔦吉

結い直して貰ってすっきりしたのか、髪に触って見る蔦吉。

 
髪にばかり意識が行って、すられても気付かない蔦吉

髪にばかり意識が行って、白魚の吉次に財布をすられても全く気付かない(吉次のテクニックを持ってすれば普通の状態でも気付かないでしょう)。

 

吉次と会う。

斬九郎との関係等を聞き出そうとしますが、煙に巻かれてしまいます。

吉次にお目に掛かりましたかと聞く蔦吉

蔦:「どこかでお目に掛かりましたか?」 吉:「掛かったような掛かんねえような...。」

斬九郎の旦那とどういう知り合いなんだいと吉次に聞く蔦吉

吉次に「ちょいと聞くけど、お前さんと斬九郎の旦那、一体どんな知り合いなんだい?」 「どう言ったら良いのかなぁ、仕事のちょっとしたあれなんで。」 「厄払いの札造り?」 「まあ、そんなような。」

また情報源。

踊りの最中に聞いた言葉(結果的に事件のキーワード)を斬九郎に伝える

踊りで扇子を投げる蔦吉

踊り。

お座敷で見聞きした情報を斬九郎に伝える蔦吉

「あたし聞きましたよ、その『ふよう』。」 「どこで。」 「両替商大黒屋のお座敷で、その大黒屋が連れを『ふよう様』って。」 「その連れってのは。」 「お武家でした。」

また、すっきり。

最後に又すっきりする蔦吉

最後は蔦吉の笑顔でしょう、やっぱり。

すみませんが、すっきりした理由はテレビで見て下さい。

 
第2シリーズ