遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第1シリーズ 第2話 「用心棒二人」

あらすじ:

斬九郎が信州松谷藩筆頭家老久保寺勘兵衛(西田健)の用心棒を引き受けました。久保寺の腐敗した藩政を諫める藩士河田彦四郎(田中実)を斬らせたため、改革派の襲撃を怖れての依頼です。一方斬九郎は剣が滅法強い流浪の武士高坂(こうさか)伊十郎(丹波哲郎)と出会い、意気投合し、その高潔な人柄・行動に心酔します。しかし、伊十郎は改革派の用心棒となってしまいます。伊十郎はたまたま出逢った河田の幼い遺児信乃(前野有香)に同情して江戸まで付き添って来るような優しい男で、何と斬九郎の亡き父を知っていました。

このドラマでも蔦吉の役割は小さくはないのですが、斬九郎と伊十郎の関係の方が圧倒的に重要な物語になっています。蔦吉の活躍ぶりを楽しみつつ、お互いに惹かれながらも敵対する立場になってしまった二人の男の物語に感動し涙する、そんな感じです。涙腺が緩んできた方はハンカチの用意を...。ついでに言うと、《蔦吉ファン》としては、伊十郎の存在感の大きさは斬九郎シリーズの中で一、二を争うと言っても過言ではないと感じました...。

今週の蔦吉:

今回の蔦吉は、悪家老に反対して立ち上がる知り合いの侍たちの為に行動しますが、その中で、悲しみ、嘆き、怒り、あきれ、心配します。蔦吉は最後まで斬九郎と伊十郎の関係には気付かなかったようです。蔦吉と斬九郎の二人が別の道を歩いているような感じのする話でした。伊十郎と蔦吉が会う場面もありません。

 

悲痛

客の深刻な話に気づき、踊りをやめる蔦吉

知り合いの侍たちが客だったが、踊りを見もせず深刻そうな話をしているのに気づき、途中で踊りを止め、事情を聞きます。

信頼する侍が殺され、呆然とする蔦吉

その後座敷に駆け込んできた侍から、河田彦四郎が悪家老に斬り殺されたと聞き呆然とする蔦吉。

嘆き

斬九郎と佐次の座敷に闖入した蔦吉

彦四郎は、芸者のくせに色気もかわいげも無い自分に「良い芸者になるんだよ」と励ましてくれた優しい侍でした。そんな人が殺されて、悲嘆のあまり蔦吉は酒を飲まずにいられません。酔った蔦吉は斬九郎と佐次の座敷に闖入(ちんにゅう)します。二人は逃げようとしますが、蔦吉に「逃げるのか」と怒鳴られます。右上に映っているのは舟久の女将おえんです。

酒を勧める斬九郎にこっくりとうなずく蔦吉、可愛い

蔦吉が荒れている理由がわかり、酒を勧める斬九郎。こっくりと頷く蔦吉が可愛いです。

怒り

久保寺が用心棒を雇ったと知り、うろたえる改革派の侍達の座敷に、たまたま斬九郎が入ってきました。侍達が斬九郎を見て悪家老の用心棒だと気づいたため、斬九郎に詰め寄る蔦吉。斬九郎の反応は「おっかねぇ顔だなぁ」。

笑い事じゃないよと斬九郎をにらむ蔦吉

侍達が久保寺に反対する改革派だと知り面白がる斬九郎に、「笑い事じゃないよ」。

呆れ と 心配

斬九郎の行動にあきれ顔の蔦吉

「どなたかこの唐変木(言うまでもなく斬九郎のことです)に家老の悪行を教えてやっておくんなさいな。」 侍達の話が終わった後、それでも久保寺の用心棒を続けるのか訊く蔦吉に、斬九郎は「済まねぇな、それはそれ、これはこれだ」。

知り合いの侍たちの行動に心配顔の蔦吉

改革派の侍たちが久保寺を斬りに行くと言って別れの挨拶に来ました。強い用心棒(伊十郎)を味方に付けたそうです。蔦吉は心配げに見送る事しかできません。

第1シリーズ