遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第1シリーズ 第7話 「放蕩指南す」

あらすじ:

蔦吉の客、河村忠兵衛(蟹江敬三)はなんとも変な侍でした。どうしようもない堅物で酒も飲めないのに、五百両という大金を持っていて、一夜の放蕩三昧で使い切りたいと言います。隣の部屋で飲んでいて、それを聞いた斬九郎が座敷に勝手に入り込み、放蕩三昧なら得意だから教えてあげると言います。

そこで飲めや歌えの大騒ぎをして帰りますが、帰りに忠兵衛は侍の一団に襲われ、斬九郎と蔦吉が撃退します。持っていた五百両は藩の公金で、後で贋金であったことが判明します。斬九郎はこの贋金騒ぎに巻き込まれていきます。

今週の蔦吉:

忠兵衛に貰った花代がこの贋金だったため、一人で藩の役人の行動を調べたりしますが、斬九郎とは別行動だったのが幸いしたのか、結果的に斬九郎の命を救うことになります。

客一人

蔦吉が小唄を唄っているのにちっとも聞いていない忠兵衛。

蔦吉が唄っているのにちっとも聞いていない忠兵衛。酒も飲めない堅物なのに五百両もの金を持っており、一晩で使い切りたいといいます。

ちなみに蔦吉が歌っているのは春雨という端唄、「~わたしゃ鶯、主は梅、やがて、身まま気ままになるならば~」。春雨の歌詞と現代語訳はこちらが良いかと思います。

座敷に割り込んできて、放蕩三昧の指南をすると言う斬九郎と、忠兵衛に注意する蔦吉

隣の座敷でその話を聞いていた斬九郎が座敷に割り込んできて、放蕩三昧の指南をするといいます。乗り気な忠兵衛に「ちょいと、この人はね、旦那のお金で遊ぶってんですよ」。

蔦吉は曲がったことが嫌いなのに対し、斬九郎は酒や遊びとなると真っ直ぐなのか曲がっているのか、見分けがつかなくなる様で...。普通の時代劇ヒーロー像とは可成り違いますね。

忠兵衛、襲われる。

侍たちに襲われる忠兵衛を助ける蔦吉と斬九郎

侍たちに襲われる忠兵衛を蔦吉が助けるていると、斬九郎が助けに来る。「女だてらに又喧嘩かよ。」「何のんきな事言ってんだい、狙われてるのは私じゃないよ。」

その後、蔦吉が斬九郎に忠兵衛を泊めてやれと言うのに斬九郎が抵抗しますが、蔦吉の「分かりました、うちへ来てもらいましょう、さあ、参りましょう」、で斬九郎の負け。結局、斬九郎が母親の反応を心配しつつ、自宅に連れて行きました。忠兵衛は麻佐女とうまくやれるんでしょうか...。

忠兵衛に惚れているかと聞く斬九郎に誰にも惚れないと言う蔦吉

「(忠兵衛に)惚れてんのか」。「焼きもちぃ? あたしゃ誰にも惚れないんです。」 やっぱり蔦吉は斬九郎に対して素直じゃないようで...。

この後、斬九郎は舟久の女将おえんに頼まれて、新人芸者と遊びに行き、忠兵衛から貰った5両で祝儀等を払います。

危機~内緒話

払った5両は偽金だったと判明。与力の西尾伝三郎(益岡徹)以下が捜査を始め、斬九郎ははなはだまずい事になります。蔦吉から舟久の奥に呼ばれて行くと...。

廊下で偽金について話す蔦吉と斬九郎

蔦:「偽金使うとは良い度胸してるじゃないか。」 

《蔦吉ファン》にとって、この写真は高校生のカップルが学校の廊下で話してるような雰囲気がしして、個人的に懐かしいような懐かしくないような...。

自分も偽金を一枚持っているという蔦吉

「あたしも一枚持ってんですよ。」 蔦吉もお座敷の後に忠兵衛から花代として1両貰っていました。まじいんでないかい。

独自捜査

自分の客から始まった事なので責任を感じたのか、はたまた正義感のなせる技か、蔦吉は一人で奥津藩の役人の動きを調べ始めます。

奥津藩の役人を一人で見張る蔦吉

奥津藩の江戸家老が駕籠で来て両替商の近江屋に入るのを目撃。

奥津藩の江戸家老が近江屋から出て行くのを確認する蔦吉

江戸家老が近江屋から出て行くのを確認してから近江屋に行き、手持ちの贋金を見せて、裏金作りの話を聞こうとします。悪人達が素直に話すはずもなく、反撃を食らいますが...。

第1シリーズ