遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第4シリーズ 第7話 「武者修行」

あらすじ:

松平斬九郎(渡辺謙)の様子が少し変です。飲んだくれの生活をやめて、早朝から庭で剣術の鍛錬をしたり、母親麻佐女(岸田今日子)に大金を渡し、その上、まるで普通の真面目な侍のような白々しいことを言います。様子があまりにもおかしいので、麻佐女は佐次(塩見三省)に斬九郎の身辺を探るように頼みました。

実は斬九郎は「松田半九郎」という偽名で道場破りをしていました。蔦吉は、舟久の座敷で道場破りの噂を聞き、その名前から、最近やたらと金回りの良い斬九郎ではないかと気づきました。お座敷の後で斬九郎に聞いたところ、あっさりと認めました。蔦吉の客であった道場主藤井左馬之助(内田勝正)が二人の話を立ち聞きしていたらしく、斬九郎に突っかかった上、自分の道場に来いと言って立ち去りました。

翌日、斬九郎が言われた道場に行ってみると、同じ流派ながら別の貧乏道場でした。その道場主・門倉十太夫(江藤潤)は藤井を倒すのが自分の宿願だと言い斬九郎に力添えを頼みますが、にべもなく断られます。そこに十太夫の妹・奈々江(谷川清美)が現れ...。斬九郎にとっては極めてやっかいな話になっていきます。

今週の蔦吉:

斬九郎が何か悪いことをしているのではないかと心配したり、強そうな侍の道場に行って斬られてしまうのではないかと心配したり、可愛くて、優しくて、気立てが良い女と祝言を挙げるのではと心配したり、腹黒い道場主にはめられた斬九郎を心配したりと、心配づくしでした。

今週の“人物”:

西尾るい。友のために何も出来ず悩んで眠れないという夫、伝三郎を励まし、自分が正しいと信じることをすれば良いと説得して、決断させました。たいした女性です。

心配その1

天変地異の前触れか?

斬九郎がまともな男になってしまった様な、天地がひっくり返ってもあり得ないことから始まる物語です。

東八で子供とあやとりをする蔦吉

蔦吉が東八でりよの娘・八重とあやとりなんぞをやっていると、斬九郎が入ってきます。

斬九郎がおかしいと言い、りよと顔を見合わせる蔦吉

りよが何時もの通り、斬九郎に酒を出すと、「いや、やめとこう」。 武士のたしなみがどうのこうの、りよに借金を返すし(しかも余分に)、八重にお土産をあげるし...。これを見て開いた口が塞がらない蔦吉は何か良からぬ事をやっているんではないかと心配します。斬九郎が出て行くのと入れ違いに、斬九郎を付け回している佐次が来て、旦那、何かおかしくないかと聞きました。二人は「ええ」と言って思わず顔を見合わせます。

心配その2

舟久にて。

斬九郎が面白がって道場破りをしている事を知り、そのうちひどい目に遭うのではないかと心配な蔦吉(若村麻由美)

道場破りは良くないと言う蔦吉に、斬九郎は、金に困って始めたが、その内自分の腕のレベルが知りたくなり、今は江戸中の道場を総なめするのも面白いかなと思って...と答えました。蔦吉は「やっぱり面白がってんじゃありませんか、いい気になっているとその内ひどい目に遭いますよ」と諫めました。

道場破りのような危ないことを止めさせたくて、何かあっても線香を上げてあげないと斬九郎に言う蔦吉(若村麻由美)

2階から降りてきた梶派一刀流の藤井左馬之助が突然刀を抜き、斬九郎の首をはねる一歩手前で止めました。蔦吉は腰を抜かさんばかりに驚きました。ショックを受けた蔦吉は、藤井道場へ行くつもりじゃないでしょうねと聞き、更に「何かあったって、あたしゃ線香を上げてあげませんからね」と言いました(この写真です)。「男ってやつを分かってないねぇ」と言う斬九郎に、「はぁ、手間が掛かる」だそうです。

心配その3

舟久で佐次と梅吉、おえん、お光が、麻佐女が奈々江という女性にぞっこんだとか、奈々江は可愛くて、優しくて、気立てが良くて、蔦吉とはえれぇ違いだったなどと噂話をしているところに蔦吉が来ました。急に黙りこくった4人を不審に思った蔦吉は何を話していたのか聞きましたが、梅吉を除き言い訳を言って逃げていきました。梅吉も逃げようとしますが...。

逃げようとする梅吉を、一見優しそうな表情と口調で、捕まえる蔦吉

這って逃げようとする梅吉の帯をつかんで、「梅ちゃん」。 口調は優しいけど、怖いぞ~。

梅吉は捕まり、残らず白状させられた上、斬九郎が働いている、奈々江の兄の貧乏道場まで無理矢理案内させられました。

どの口が言っているのかと斬九郎を責める蔦吉

梅吉から、麻佐女が奈々江を斬九郎の嫁にと考えていると聞いていた蔦吉は、「祝言だって天ぷらだって勝手にあげりゃ良いじゃありませんか」。「おいらがそう易々と人に惚れねぇことぐらい一番よく分かっ...」と言いかける斬九郎に、「どの口が言ってるんでござんすか?」

心配その4

斬九郎は腹黒い男の計略に引っかかり、捕らえられてしまいます。

斬九郎をはめた男の駕籠を悔しそうな表情で見送る蔦吉

斬九郎をはめた男に抗議に行きましたが、無視され、悔しそうな、悲しそうな顔でその男の駕籠を見送る蔦吉です。

卑怯な男の手先になった女に、お前も結局は利用されているだけだという蔦吉

その男の手先となった女に、涙目で、「引っかかった斬九郎も馬鹿だけど、引っかけたつもりのお前さんだって、結局は利用されているだけだ」と言う蔦吉です。この一言で状況が変わるのでしょうか、それとも...。

第4シリーズ