遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第4シリーズ 第8話 「狙われた女」

あらすじ:

旗本・田所采女(うねめ、岡本富士太)の妻・美津(伊藤蘭)が四歳になる一子竹丸(横山彰人)を連れて実家の墓参りに行くと、かつて愛したことのある土岐仙之助(籐堂新二)が待ち伏せしていました。仙之助は復縁を迫りましたが美津が断ると、竹丸をさらって逃げました。

斬九郎(渡辺謙)のところに、北町与力・西尾伝三郎(益岡徹)の妻・るい(唐沢潤)から誘拐された竹丸を探し出すという片手技の依頼が来ました。るいは美津と知り合いでした。田所の屋敷で「明日の暮六ツ、奥方ただ一人で金二百両持って宗龍寺裏の墓地へ」と書かれた脅迫状を見た斬九郎は、奥方一人という表現が気になりました。金目当てではないかも知れません。

一方、美津は過去のことを夫に言うことはできませんでした・・・。
今週の蔦吉:

今回は美津を間にした田所采女と土岐仙之助の物語です。特に土岐と田所のキャラクターが濃くて、蔦吉(若村麻由美)が薄くなっちゃったみたいな感じです。前半は情報伝達係プラスアルファといった感じの端役、後半は何とかそれなりの役かなといった所です。物語としては面白いのですが、《蔦吉ファン》としては若干複雑な感じです。

今週の名(迷)場面 (^_^;) :

捨吉逮捕劇の直後、東八の前で、りよ(日下由美)の娘、八重(山本奈々)が風車を吹いていると、その息が白猫にかかり、猫が嫌な顔をして逃げていきました。(真面目に演技している俳優の皆様には申し訳ありませんが、つい笑ってしまいました。)

蔦吉情報
食い逃げ犯に助け船を出す蔦吉

佐次とりよが経営する東八で食い逃げをした捨吉を、大捕物の末捕まえて東八に連れ帰り、問い詰める斬九郎、佐次、梅吉です。近々一仕事があって、その分け前で返すと言いますが、信用されません。そこに蔦吉が現れ、助け船を出します。

金のめどは立っている、利子をつけて返すという食い逃げ犯を支持する蔦吉

蔦吉が本当かと聞くと、捨吉は当たり前だ、でかい山だ、利子をつけて返すと言います。この写真は、疑っている斬九郎に向けて、「ほら」と言う蔦吉です。

蔦吉に負けた感じの斬九郎が東八に来た理由を聞くと、お袋様が探している、多分大きな仕事だと思うと言います。

喜んで屋敷に帰ると、その仕事は、拐(かどわ)かされた竹丸を助け出すことでした。

また情報
旗本の奥方がいなくなったことを慌てて斬九郎に伝えに来た蔦吉

捨吉の「でかい山」が誘拐犯の手先だったため、東八に連れてきて事情を聞いていると、蔦吉が慌てて来て、田所家の奥方がいなくなったらしいと言いました。

斬九郎は、「行った先の見当は付いている、だが事が事だ、その前にちょいと話しておきたい人がいる」と言って出て行きます。

蔦吉登場!立ち回り。

美津が行ったのは誘拐犯がたむろする仙之助の隠れ家でした。美津を助けるためにその隠れ家に入った斬九郎がとっさに美津を人質にし、子供と引き替えに女を渡す、時と場所は後で捨吉に知らせると言って立ち去りました。

酔ったふりして旗本の奥方に近づく蔦吉

誘拐犯との約束の暁七つ半よりかなり遅れて、口三味線を唄いながら、酔ったふりをした蔦吉が現れました。空は既に明るく、美津は提灯の火を落としていました。斬九郎:「馬鹿野郎、気を持たせやがって。」 蔦吉は美津に近づき、絡みます。これにイライラして、隠れていた仙之助と仲間の浪人が木立の陰から飛び出ました。

誘拐犯たちに啖呵を切る蔦吉

誘拐犯とちょっと立ち回りをして、「じたばたするんじゃないよ、お前たちはもうおしまいさ。」

斬九郎登場!大立ち回り。
大立ち回りの斬九郎を見る蔦吉

斬九郎が現れ、大立ち回りです。

誘拐された子の母親が抱える複雑な事情を知った蔦吉の表情

大立ち回りが終わりました。美津の抱えた複雑な事情を目の当たりにした蔦吉の表情です。

「地獄だもの」
過去の過ちのため自分を責める女性の気持ちをおもんばかる蔦吉(若村麻由美)

船宿舟久に保護されている美津が食事にも手をつけません。困ったはねぇと言うおえんに、無理もないわねぇ地獄だものと答える蔦吉です。美津は地獄から救われるのでしょうか?

第4シリーズ