遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第3シリーズ 第8話 「切腹志願」

あらすじ:

斬九郎(渡辺謙)が行きつけの飲み屋「東八」に呼ばれて行くと、酒が用意され津田仙之助(石田登星)と名乗る若い浪人が待っていました。斬九郎が片手業で切腹の介錯をしているとの評判を聞き、切腹の作法を教えてほしいと言います。

教えている最中に、すぐに帰れとの使いが来たので、仙之助に船宿「舟久」で待つように言って、屋敷に戻りました。すると切腹の介錯に行くための駕籠が待っており、母親の麻佐女(岸田今日子)がすでに五両の礼金を受け取っていました。駕籠が津田孫兵衛(山田吾一)という初老の侍の屋敷に着くと、孫兵衛が白装束で切腹の用意をして待っていました。

いざ切腹というときに、孫兵衛が「花井殿の屋敷に参って、約束を守って頂ければ、後に恨みは残さぬと伝言を」と頼み事をしました。斬九郎は、さっきの仙之助も「花井」と言っていたことを思いだしました。訊くと仙之助は孫兵衛の息子だといいます。「何かある」と直感した斬九郎は、無理を言って孫兵衛を待たせたまま、仙之助が待つ舟久に急ぎます。

舟久では何と仙之助の女房おふみが友達だという蔦吉が仙之助と共に今か今かと待っていました。仙之助の話を聞くと、おふみの5歳の弟、とめ坊が花井の嫡男・求馬(もとめ)に無礼討ちされ、仙之助が求馬と刃傷沙汰を起こしたことが分かりました。3人の理解では、孫兵衛が腹を切るのは仙之助の刃傷沙汰の責めを負ってのことでした。しかし、事実はそれ程単純ではなさそうです。

今週の蔦吉:

おふみの弟が斬殺されたうえ、その夫が切腹をすると言い出しますが、武家のしきたりやけじめ、メンツなど意に介さない蔦吉は、友達の夫が理不尽な理由で切腹することなど許せず、必死に止めようとします。そのために斬九郎に助けを求め、自分も積極的に役割を果たします。

前半は「気に入らん顔」も出て来ますし、後半は、時代劇御家人斬九郎シリーズ最初で最後の風呂上がりの洗い髪で出ます。《蔦吉ファン》としてはあまり好きな髪型ではありませんけど...。

帰ってきた!

斬九郎の指示に従い舟久に行った仙之助は、そこで妻の友達、蔦吉に合いました。蔦吉は仙之助から切腹すると聞いたのでしょう、斬九郎なら何とかしてくれるのではないかと、今か今かと待っていたようです。

斬九郎が舟久に帰って来たのに気づいた蔦吉

「あ、帰ってきた。」

斬九郎が来たので安心し、「良かった~」という蔦吉

「良かった~。」

切腹の理由 !?

そうか、それで親父さんが腹を切る羽目になったのか

孫兵衛に切腹を待つように言って舟久に来た斬九郎は、仙之助から事情を聞きます。「そうか、それで親父さんが腹を切る羽目になったのか。」

“気に入らん顔”で何感心してんですよと斬九郎に言う蔦吉(若村麻由美)

出た~。蔦吉の「気に入らん顔」。

斬九郎が「これで合点がいった」と言うのを聞いて、「ちょいとちょいと何感心してんですよ」。

頑固者っ!!

仙之助に「じゃぁ、おふみちゃんはどうなるんですよ」と問い詰める蔦吉

今度のことはすべて自分から出たことだから父を死なすわけにはいかない、自分が腹を切るという仙之助に、「じゃぁ、おふみちゃんはどうなるんですよ」という蔦吉。

意思を変えない仙之助に頑固者と言う蔦吉(若村麻由美)

いずれ分かってくれるだろうという仙之助に、「頑固者っ!」という蔦吉です。

洗い髪だ!

斬九郎は津田家で不正の証拠を見つけました。仙之助が切腹しないよう、助けてやりたい斬九郎は一計を案じ、蔦吉に花井求馬から情報を得るよう依頼します。

洗い髪の蔦吉に、朝湯で磨くといい女になるってのは本当だなと言う斬九郎

湯屋から帰ってきた蔦吉に、「朝湯で磨くといい女になるってのは本当だな」。「でしょ。」

この後斬九郎に頼まれた蔦吉は、花井求馬から花井修理と津田孫兵衛の約束の内容を聞き出し、それを影に隠れた斬九郎と仙之助に聞かせました。すべてを理解した仙之助は、「花井の倅に果たし合いを挑み、とめ坊の仇を討つ」と言いました。「反対か」と聞かれた斬九郎は、「安心しろ、骨は俺が拾ってやる。」

ええっ!?

仙之助の父が二人を許してくれたとおふみに伝える蔦吉

「これ、仙之助さんのお父さんの形見。おふみちゃんたちのこと許してくれたのよ。」「ええっ!?」

第3シリーズ