遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第5シリーズ 第1話 「迷惑な忠義者」

あらすじ:

斬九郎(渡辺謙)は、相変わらずの貧乏暮らしです。なのに、鼓の指南で稼いだ母親・麻佐女(岸田今日子)にたかって得た金で、芸者を揚げて馬鹿騒ぎをするというありさまでした。一緒に飲んだ親友の奉行所与力西尾伝三郎(益岡徹)が、その帰り何者かに襲われ、たまたま現場に出くわした斬九郎が撃退しました。伝三郎が調べている、諸国産物を商う笠松屋の元番頭(宮城幸生)による殺人事件の書類が無くなったり、突然、奉行から箱館(現=函館)に出来た奉行所に行くよう言われたり、おかしなことが続きます。

松平家に小松新十郎(火野正平)という侍が訪ねてきました。麻佐女が鼓を教える旗本・坂崎監物(芝本正)の家来です。新十郎は、斬九郎のような気楽な身分ではないですが、それにしても、大変な堅物で、普段、あまり屋敷から外にも出ないようでした。

その後、伝三郎は箱館行きの返事を渋ったた為か、禁足処分を受けました。更に、小松新十郎が伝三郎のところに突然現れ、西国の大名への仕官の口を持ってきました。

伝三郎が襲われ、資料が無くなり、その後箱館転勤の話、更に禁足、そして西国大名への仕官の話、それに加えて新たな情報が・・・。御用商人たちと幕府の役人がからむ贈収賄事件が背後に見えたような気がしましたが・・・。

今回はかなり複雑で濃い物語です。集中してみた方が良さそうです。

今週の蔦吉:

第4シリーズの第1話以来1シリーズぶりの踊り(2001年11月の初回放送では2年10ヶ月ぶり)が見られます。しかも、ちょっと長めです。

ベテランの人気芸者の余裕のようなものも見えますし、情報収集に活躍する一方、ちょっと的外れな事を言ったり・・・、出番も多く、蔦吉のファンの方はかなり楽しめます。

馬鹿騒ぎ

斬九郎が母親から貰った金で佐次と伝三郎を誘って、馬鹿騒ぎをしました。他に金の使い方を知らないんでしょうかねぇ。

斬九郎と佐次に花代が高い蔦吉は呼んでないとか言われて軽くいなす蔦吉姐さんです

「まぁまぁ、何の騒ぎです」と言って蔦吉が座敷に入ってきます。斬九郎と佐次から、花代が高い蔦吉は呼んでないとか言われて軽くいなす蔦吉姐さんです。

伝三郎に速く逃げないと金を出せと言われると伝三郎に忠告する蔦吉

「早いとこ逃げないと伝三郎様までお足を出す事になりますよ。」 「それは困るなぁ。」 で、伝三郎は早めに引き上げました。

変な事
伝三郎の周りで起きた妙な事を聞く蔦吉と他の面々

舟久で、伝三郎が自分の周りで続いて起きた妙な事を話します。

知っているのに思い出せずイライラする蔦吉(若村麻由美)

伝三郎の話に出てきた店の事を思い戻せない蔦吉はちょっとイライラして、「気持ち悪い」。

蔦吉情報

斬九郎に頼まれたようで、蔦吉が一回目の情報収集です。

事件に関わる情報を入手した蔦吉(若村麻由美)

蔦吉が、半年前の笠松屋を初めとする寄り合い参加者の記録を入手し、東八にいる斬九郎と佐次に見せます。事件の全貌が見えてきたかもと思えましたが、何のまだまだ。

踊りと情報

事件の核心に迫れない斬九郎の「困ったときはいい女、すがってみるか」で、二回目の情報収集...。

小唄「竹は八幡の」で踊る蔦吉(若村麻由美)

役人と諸国物産商・相模屋の座敷に呼ばれた蔦吉の踊りです。小唄「竹は八幡の」の後半「雪が積もりてきらきら 朝日さす とけしゃんすがわしゃ嬉し  二人が仲は二世も 三世も変りやせぬ」です。

踊りながら、客が賄賂を渡すのを見る蔦吉(若村麻由美)

扇を杯に見立てているようなところ。

相模屋が役人に賄(まいない)を渡す場面をしっかり見ていたようです。

悪徳商人を恫喝して決定的な情報を聞き出した蔦吉(若村麻由美)

「さっきのお武家の袂に何かが入ったことを言いふらす」と相模屋を恫喝して決定的な情報を聞き出します。やっと事件の核心が見えてきたような・・・。まだ見えてないような・・・。

第5シリーズ