遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第2シリーズ 第5話 「雲隠れ」

あらすじ:

この回は、ある侍の仇討ち物語です。

丹波某藩の藩士、川添小平太(伊原剛志)は家老斬殺の濡れ衣を着せられた上、目の前で妻子を殺害されて逐電しました。浪人となった小平太が、偶然、すごい切れ味だが持つ者に次々と災いを起こすという妖刀「雲隠れ」を手に入れ、仇討ちを始めます。まずは、寺社奉行を務める同藩藩主、斉藤対馬守の行列を襲い、駕籠を、対馬守ともども真っ二つにしました。藩の江戸家老になっていた黒幕の三谷帯刀(みつやたてわき、麿赤兒=まろあかじ)は藩を守るため対馬守斬殺事件を隠すと共に、斬九郎に小平太を討たせようと考え、斬九郎を意のままにするため、蔦吉を拉致します。やなやつですねぇ。

参考: 伝三郎は妖刀を「一度鞘を放てば災いを招き次々と人を斬る、血を吸わねば収まらぬ妖しい剣」と言っています。

今週の蔦吉:

蔦吉には、大坂屋の隠居が小料理屋の一軒でも持たせようかという話が持ち上がりました。蔦吉はその話を相談しようとしてか、東八で遅くまで斬九郎を待ちますが、現れません。「肝心なときにいやしないんだから...馬鹿」だと。

その帰り、蔦吉は拐(かどわ)かされて大変な危機に見舞われます。《蔦吉ファン》としては麿赤兒め、じゃなかった帯刀め許さんぞ~てな感じになります。

今回、蔦吉と斬九郎の初めての抱擁もあります(《蔦吉ファン》の知らないところでやっているのを除く)。ついに、二人の仲がはっきりするんでしょうか~。んな訳ないかぁ。

珍しく蔦吉が子供と遊んでいる場面です。

お座敷までの間に少女と手毬遊びをする蔦吉

お座敷まで間があったので少女と手毬遊びをする蔦吉。彼らを見ているのが川添小平太。ちなみに子供たちが歌っているのは大黒様の数え歌(...四つ 世の中よいように、五つ いつでもニコニコ、六つ 無病息災に、七つ何事無いように...)。

大坂屋の話について相談したいのか、東八で夜遅くまで斬九郎を待つ蔦吉。

斬九郎を待ちくたびれる蔦吉

「肝心なときにいないんだから、あの馬鹿。」 東八の女中おもん(長野いずみ)が既に暖簾を入れています。東八(喜多村英三)は最後の酒を蔦吉に持っていくところです。

東八に入ってきた侍が斬九郎でなく小平太だと気付く蔦吉

侍が入ってくる。斬九郎かと思ったら別の侍でした。その侍を見る蔦吉です。その侍が、朝方、手まり遊びを見ていた小平太だと気づき、話しかけます。

 

ぐでんぐでんに酔って舟久に来た斬九郎を見る蔦吉の厳しい目

ぐでんぐでんに酔って舟久にきた斬九郎を厳しい表情で見る蔦吉

眉間にしわを寄せ、厳しい表情で斬九郎を見る。 怖いぞ~、怒られるぞ~。

べろべろに酔った斬九郎と一緒にいるのが小平太だと気付く蔦吉

と思ったらすぐに、斬九郎と一緒に来た侍が小平太だと気付きました。お陰で斬九郎は命拾いか。そんなに甘くないかぁ。

そして、酔って大声を出す斬九郎に、「静かにしとくんなさいな、お客様に迷惑じゃありませんか。ここは野中の一軒家じゃないんですよ」。あとは、斬九郎と、おかめだひょっとこだと言い合いになっちゃいました。

 

三谷の屋敷に拉致されて...。

「(斬九郎に)惚れとるな。」と言われて「え~え、惚れてますとも。」と答える蔦吉。

「(斬九郎に)惚れとるな。」 「え~え、惚れてますとも。」 《蔦吉ファン》としては、それは斬九郎に言った方が良いと思いますけど...。余計なお世話ですかね。

「一差し舞を見せて貰おうかな。」 「こんな野暮なお座敷じゃねぇ、辰巳芸者の名が廃りますよ。」

直後の蔦吉には、逃げ道を探すような、あるいは、人を探すような目の動きもあります。

誘拐犯の指示に従い、その屋敷に斬九郎が行くと、蔦吉が連れてこられます。

斬九郎の前に連れてこられる蔦吉

連れてこられ、斬九郎に気付きます。

 
斬九郎に気づき、安心したか、強い信頼感を表す表情の蔦吉

安心したのか、信頼の表情でしょうか。

 

この回は蔦吉にとって最大の危機といって良いほどの事件が発生しました。ヒヒじじい(三谷帯刀)に無理矢理帯を解かれたり、ついには下着姿にされてしまいます。その時の写真が下の写真です。教育上の配慮から (^_^;) 、これは20歳以上の方限定で公開します。20歳以上というボタンをクリックして下さい。

緋襦袢

下着(緋襦袢)姿の蔦吉です。期待させて(???)すみません。

お詫びにと言っては何ですが、特別にもう1枚お見せします。下の「見る」ボタンをクリックして下さい。

抱擁

「心配したぜ。」 斬九郎が蔦吉を抱擁するのはこの場面以外に無かったような気がします。

この後、「それと、あれはどうなってんだ」、「...?」、「大坂屋だよ」、「妬いてんの」。で、斬九郎は顔でずっこけます。ったく蔦吉は素直じゃないんだから。斬九郎が折角心配してたのに...。

第2シリーズ