遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第2シリーズ 第2話 「居残り」

あらすじ:

斬九郎は友人と3人で吉原で遊びましたが、お互いに誰かが払うだろうと思っていたため、料金の五両が払えず、完済するまで斬九郎一人が「居残り」となって雑用を手伝わされることになります。そこに吉原で五本の指に入るという花魁「朝霧」(藤吉久美子)の命が若い侍に狙われるという事件が発生します。

今回は朝霧の悲しい物語ですが、かすかな希望のようなものも見えます。

今週の蔦吉:

蔦吉の出番は時間的には少ないものの、役割は重大。命を狙われている朝霧を守るために替え玉になって欲しいと斬九郎に頼まれますが、徹底抗戦を試みます。いつもは頼まれなくても困った人を助ける世話焼きなのに珍しい。何故なんでしょうか。その時蔦吉は、「吉原じゃねぇ、深川の芸者のことをあれこれと言っている様だけど、あたしゃ芸一本で張っているんですよ」と言いました。 芸は売っても体は売らないという、芸者の矜恃からの反発なんでしょうか。

結局替え玉を引き受けますが大丈夫なんでしょうか。蔦吉が死んだらシリーズが終わってしまうので(個人の意見です)、当然大丈夫なんですが、どんな目に遭うのか、《蔦吉ファン》としては、はなはだ心配な物語です。

もう四日も居残っている斬九郎を出してあげたい岡っ引きの佐次が、おずおずと口ごもりながら蔦吉に金を出してもらえないかと言うような言わないような...。

吉原で居残りさせられている斬九郎を助け出したい佐次と、いまいち状況が把握できない蔦吉

佐:「ちょっと出してやりたいなと。」 蔦:「質屋から?」 佐:「もうちょっと大きいかな。」

五両で斬九郎を自由に出来るとわかり一瞬助けてあげようかと思う蔦吉

蔦:「五両?」 佐:「へぇ。」 話している途中なので口がとがっています。たまには蔦吉のこんな表情も良いかなとおもいまして...。それはそれとして、一瞬払ってあげようかと考えたようにも見えますが、結果はNoでした。

 

蔦吉を説得。

吉原の大門で躊躇する蔦吉の説得を試みる佐次

吉原の大門(おおもん)からは入ったものの躊躇する蔦吉をなんとか説得しようとする佐次。

 
芸一本で張っている自分がなぜ花魁の身代わりにならねばならないかと反発する蔦吉

「どうしてあたしが花魁なんかの身代わりにならなきゃいけないんですよ。」・・・「吉原じゃねぇ、深川の芸者のことをあれこれと言っている様だけど、あたしゃ芸一本で張っているんですよ。」

 
命は俺が守るからと言って蔦吉を説得する斬九郎

「お前さんの命はどんなことがあっても俺が守ってみせる。」 キリッとした顔も美しいですね。

拝み倒されて替え玉になることになった蔦吉が髪結いの鏡に映っている

結局、拝み倒されて替え玉になることになった蔦吉。花魁の髷に変えて貰っているところ。どうしてこんなに綺麗なんでしょうか。

エピローグ(終章)

花魁朝霧の気持ちに思いを馳せ、暖かい表情を見せる蔦吉

朝霧の気持ちに想いを馳せる。温かい表情も美しいです。

斬九郎と一緒にいて、嬉しそうな蔦吉

やっぱり斬九郎と一緒にいると蔦吉は嬉しそうで...。悲しい物語でも、最後に蔦吉が微笑むと良いなぁ。

《蔦吉ファン》のサイトとしては以上ですが、この後、この物語の本当のエピローグがあります。絶対に見逃せない朝霧、そして小鶴、二人の女それぞれのエピローグです。

第2シリーズ