遅れて来た
蔦吉ファンサイト

時代劇、御家人斬九郎を観ましょう!

第5シリーズ 第6話 「捨値五両」

あらすじ:

斬九郎(渡辺謙)は相変わらずの貧乏暮らしで、母・麻佐女(岸田今日子)が大事にしている鼓を五両で質に入れてしまいました。麻佐女は怒り、つべこべ言わずに請け出してこいと言います。仕方なく斬九郎は、自分を売ろうとして、露店で賑わう寺の山門の柱の前にむしろを敷いて座り「捨値五両」と書いた札を立てました。

通りがかった蔦吉(若村麻由美)が驚いているところへ、斬九郎の前に小判を投げる侍が現れました。勝田彦右衛門(萩原流行)という名で、侍三人に追われていました。斬九郎は「これでは足りない」とぼやきつつ、鞘に入れたままの刀で相手を打ち倒します。ところが、うち一人の若侍・杉浦格之進(嘉島典俊)が美男子のうえ、「兄の敵」と言っていたことから、蔦吉や、一緒にいたおえん(奈月ひろ子)はすっかり格之進に同情します。

格之進によると、勝田は本庄藩江戸屋敷の納戸役でしたが、ある日格之進の兄で徒目付(かちめつけ)の監持(けんもつ)を斬殺して逃げたといいます。出入りの商人から賄賂を取っているのを見つかったためとの事でした。そのため格之進は敵討ちをしようと国元から江戸へ来ていました。しかし、勝田は全面否定します。

参考: 納戸役も徒目付も江戸幕府や諸藩に置かれた職制で、
納戸役は 金銀・衣服・調度の出納、献上品・下賜の金品の管理などをつかさどり、
徒目付は 監察(調査・監督)を主な任務とする。

今週の蔦吉:

仇を追う若侍の境遇に同情し、斬九郎と対立しますが、結局は事実を理解して、大事な情報を斬九郎に伝えます。

誰も侍なんか買わない!

師走の賑わいの中、蔦吉、おえん、梅吉(大橋一三)、お光(奥田小百合)の4人は出店などを見て回ります。

斬九郎にみっともないからやめろ、侍なんか誰も買わないと言う蔦吉

斬九郎が「捨値五両」と書いた札を持ってむしろに座っていました。蔦吉が、みっともないからやめろ、侍なんか誰も買わないと言いましたが、そのとき小判が1枚飛んできました。

勝田が兄を斬った!

小判を投げたのは勝田彦兵衛。杉浦格之進に仇として追われていました。斬九郎は勝田を連れて逃げ、斬九郎に打ち倒された格之進は舟久に...。

格之進から、勝田が兄を斬ったと聞く蔦吉とおえん

舟久に帰って、格之進に事情を聞く蔦吉とおえん。格之進の話では勝田が犯人であることは明白でした。

お断りイタチマチュ!

梅吉を使いにやって斬九郎を東八に呼び出し、蔦吉、おえん、りよ、お光と格之進の5人で勝田を引き渡すよう責め立てました。

勝田をかばう斬九郎を冷たい目で見る蔦吉とおえん

勝田をかばう斬九郎を冷たい目で見る蔦吉とおえん。ぼろくそに言われた斬九郎は逃げるように出て行きました。蔦吉とおえんは、斬九郎がどうしても勝田を渡さないので西尾伝三郎家に協力を求めに行きます。

るい母子に「一切お断り」「イタチマチュ」と言われる蔦吉

仇を引き渡すように奉行所から斬九郎に申し渡してもらおうと、るい(唐沢潤)に頼みますが断られます。重ねて伝三郎への取り次ぎを頼みますが、るいと娘のゆき江(岸由紀子)に、「一切お断り」「イタチマチュ」と言われます。 しかし...。

これじゃ切なすぎるぜ!

その後、勝田への疑いが薄まり、舟久で一晩だけ預かることになりました。しかし、本庄藩側用人で、格之進のおじでもある杉浦帯刀に勝田の居場所が見つかってしまいました。帯刀は勝田に、勝田の妻の手紙を見せます。

勝田の妻の悲運を聞き、目に涙を滲ませる蔦吉

妻の手紙を読んだ勝田の心の痛みと無念さを知り、目に涙を滲ませる蔦吉です。

帯刀について行こうとする勝田を止めに入る蔦吉(若村麻由美)

絶望したのか帯刀について行こうとする勝田を止めに入り、「勝田様」と言いました。勝田は「世話になった」と一言言って出て行きました。

第4シリーズの第6話「脱獄」でも似たような場面がありました。蔦吉は理不尽な事は許せないんですが、無理に止めることも出来ず...。

改めて勝田の覚悟を確信した蔦吉(若村麻由美)

勝田が落としていった妻手製のお守りを見つけ、改めて勝田の気持ちを理解したようです。

勝田は死ぬ気だと斬九郎に伝える蔦吉

斬九郎に勝田の妻の手紙を読ませ、「勝田様は死ぬ気ですよ。」と言って、拾ったお守りを渡しました。 「あの野郎、これじゃ切なすぎるぜ。」

第5シリーズ